Outov Mag.

旅から学ぶマガジン

三重県のアンテナショップ「三重テラス」

      2014/03/17

三重テラス

2013年9月26日に日本橋にオープンした三重県のアンテナショップ「三重テラス」三重テラスは、三重県の物産・食材や文化を広く知ってもらおうという東京の営業拠点的な立ち位置のようです。伊勢の地酒や四日市萬古焼きや伊賀焼のタイルなど「三重県のいいとこ」というコピーに沿った物品を買う事ができます。まあ出身者が言うのもあれですが、東京で三重県のモノや人と触れ合う機会って本当に少なかったと思います。だから日本橋という、文化の中心地でアンテナショップを立ち上げることに嬉しく思います。

 

三重県の御厨(みくりや)

三重テラスにはレストランが併設されています。伊勢神宮の神饌を調進する場所の名前である「御厨(みくりや)」をコンセプトとして三重県の旬な食材や風土ごとの食事を提供しているとのこと。食材は三重県産の米ブランド”夢ごこち”や伊勢エビ、松坂牛といった有名食材から楽しむことができます。季節によってメニューも変わる?ようです。ランチの価格帯は2000円〜6000円と日本橋価格ですが、お財布と相談しつつ是非訪れてもらいたいです。

三重テラスのレストラン情報
http://www.mieterrace.jp/restaurant/

レストランの予約番号
Tel: 03-5542-1030

 

三重県のモノに触れる

三重県といえば、あまり聞かないので意外ですが日本酒の酒造が多いです。三重県の伊勢神宮に奉納していたことからか、40以上もの酒造が現存しています。三重テラスでも代表的な酒造の銘柄は揃っているので是非飲んでもらいたいです。ちなみに平成24酒造年度全国新酒鑑評会成績による成績はこちらになります。

金賞銘柄会社名(酒造名)
宮の雪株式会社宮﨑本店
俳聖 芭蕉橋本酒造場
若戎若戎酒造株式会社

SAKE COMPETITION 2013では鈴鹿市の酒造銘柄「作」が純米吟醸・純米大吟醸部門で入選していましたね。三重県の日本酒についはこちらへどうぞ。

意外と知られていない?おすすめの三重県の日本酒銘柄<特集>

 

お酒以外にも、四日市の万古焼きなど工芸品を買う事もできますし伊勢の名産「赤福」も販売されています。とはいえ販売されているのは三重県の中でもごく一部の品でしかないので今後の入荷に期待しています!*一般的には赤福が知られていますが、いちご大福も三重県発祥のお菓子ですし各地でお餅のお菓子は多いです。

今回買ってきたのが、式年遷宮奉納祝酒「黒松翁 神力」というお酒です。合名会社森本仙右衛門商店さんで生産されているお酒ですね。伊賀酒として藤堂高虎藩主の時から始まった日本酒らしい。幻の酒米「神力」を100%使用しているらしいですが、神力は兵庫県原産で今は熊本県で作られているようです。

肝心の味は、しっかりと味がついていて、甘みがあり丸みがある印象です。ちょっと色味がついていたので原酒なのでしょうか。何かと一緒に食べるというよりも、このお酒だけでそのまま飲んでみるのが良いかもしれません。

 

三重テラスでのイベント

・三重県のSNSや口コミでのPRで「三重県の援団」を募集しています。電子メールでの旬な情報がもらえることやトークイベントの参加、さらに三重の応援団名刺がもらえるとのことです。

住所〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」1F・2F

大きな地図で見る
物販の営業時間10:00 – 20:00
レストランの営業時間11:00 – 23:00(ラストオーダー 食事 22:00・ドリンク 22:30)
定休日不定休(施設に準ずる)
最寄り駅最寄り駅東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅直結(A9番出口)
JR総武線快速「新日本橋」駅直結(A6番出口)
JR山手線・中央線・京浜東北線「神田駅」より徒歩5分

 - 三重県, 国内情報 , ,

  関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
円山(札幌)を散策、そして森彦へ

以前、札幌へ仕事で訪れた際に円山・宮の森付近を仕事の合間に散策してきました。札幌 …

_MG_5925
田町(東京)の暮らしについて振り返る

2012年から約2年間、田町で暮らし、2014年田町を出ました。田町という街は意 …

温泉音楽のステージ
くそゆる温泉宴会フェス!音泉温楽<長野県渋温泉>

今年も早いものでクリスマスが過ぎたらもう年末です。 毎年12月になると温泉を思い …