Outov Mag.

旅から学ぶマガジン

レインボーブリッジを渡りお台場オクトーバーフェストに参加

      2015/01/10

ドイツビール

日本でも毎年恒例となったドイツビールの祭典オクトーバーフェスト。今年ももちろん開催されています。もと田町住まいの僕としてはお台場のオクトーバーフェストをおすすめしたいです。今回はただオクトーバーフェストでビールを飲むだけではなく、その前段階から楽しむ方法についてご紹介したいと思います。意外と知られてないかもしれませんが、実は田町から徒歩でレインボーブリッジを渡りお台場まで行く事ができるのです。知ってました?春先の暖かくなる時期なので、友人と昼ごろから散策をしてみるツアーを企画します。

オクトーバーフェストとは

ウインナー

オクトーバーフェストは、毎年ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されているビールのお祭りです。ドイツの会場ではステージでの音楽や観覧車、ジェットコースターなどの移動遊園地など現代風に変化していますが、昔ながらの荷台にビール樽を積んだ馬車やブラスバンドの全長数キロに及ぶパレードは見所の1つとなっています。日本では横浜で最初に開催されてから11年目になります。今では横浜をはじめ芝公園やお台場など各地で開催されるようになりました。会場ではドイツ各地のビールが集まり、中心部ではドイツ民謡が打ち鳴らされ参加者で肩を組みながら踊るといった盛り上がりをみせています。

レインボーブリッジを渡りお台場へ

毎年4月〜5月にかけてお台場でもオクトーバーフェストが開催されます。ちょうどガンダムのモニュメントがそびえ立つ広場付近です。季節的にも心地の良い暖かさのため、野外で飲むのにはピッタリな気温かと思います。お台場といえば東京とはいえ、都心からの距離感と観光スポットがちょっとした遠足のようなイメージが個人的にはあります。お昼頃から田町駅からレインボーブリッジを渡ってお台場まで向かうツアーを今年は企画してみてはどうでしょう。

レインボーブリッジは実は徒歩で渡ることができます。意外と知らない人も多いようです。最寄り駅は田町駅もしくは芝浦ふ頭駅。田町駅からは15〜20分程度、芝浦ふ頭駅からは5分程度でレインボービリッジの麓までたどり着けます。レインボーブリッジは公開時間が限られているため夜は通行することはできないので時間には注意が必要です。

<レインボーブリッジの公開時刻>
4〜10月 9:00〜21:00まで
11~3月 10:00〜18:00まで

プチ散策からの野外宴会の醍醐味

レインボービリッジ上空

そもそもレインボーブリッジなど日頃徒歩で歩く機会がないので、まずその高さと海の上からみた東京都心の風景に驚きます。この日はちょうど麓にグランドがあるため、サッカーをする少年達が見えました。またレインボーブリッジの終盤あたりには「第六台場」といわれるペリーの黒船襲来で外国船を警戒しだした幕府が江戸の町を守る為にと急ごしらえで築いた海上要塞を見ることができます。今はとくに利用されておらず、人も立ち入ることができないため、野鳥の住処となってますが…人口的に作られた島には何か心踊るものがあります。

おおよそ田町駅からお台場まで1時間程度なので、ゆっくりと景色を眺めながら歩くと2時間程度でしょうか。昼過ぎにでると丁度夕方になるので、オクトーバーフェストもにぎわいをみせてきます。オクトーバーフェストはもちろん昼から行われていますが、夜になるとドイツの民族衣装をきて楽器を打ち鳴らしながら、参加者を巻き込んで大宴会みたいな状況になります。会場では数十種類のドイツビールの屋台がならび、ドイツのウインナーやおつまみを手に入れることができるため、まるで現地に来たような雰囲気を味わえます。ビール自体はジョッキの値段が含まれているため最初は高いですが、返却すれば金額が戻ってきますし、思い出に持って帰ることもできます(なかなかよい体験を提供してくれるもんです)。

もちろんオクトーバーフェストは各地で開催されているので、どの会場でも十分楽しいです。が、こんな楽しみ方もありますよ!というのを心の片隅においていただいて、よろしければ4月同じような体験をしてもらいたいです。まだ今年のオクトーバーフェストについては詳細な内容が公開されていませんが、随時ご報告します。

 

 - 東京都

  関連記事

ピクニックな花見
野川でピクニック的な花見のススメ

今年もまもなく桜が満開な時期になりますね。東京でも桜が咲き始めて4月頭には満開に …

TY HARBORの外観
東京の地ビール T.Y.HARBOR BREWERY

photo by Austin Keys 天王洲アイル駅から徒歩5分程度のところ …

野川の桜ライトアップ(全体の写真)
圧巻! “3時間だけ” 野川の桜ライトアップ

  早いもので今年も花見のシーズンがやってきます。春といえば、あと1ヶ …